気軽に雨具(ズボン)の染み込み対策

2020年7月14日トラブルと対策

はじめに、この度の豪雨により被災されました方には心よりお見舞い申し上げます。

 

さて梅雨本番!
どころか今年は豪雨ですね…
空梅雨は困るけど、こんな大雨もいらないよ〜!!

しかし、日本には毎年梅雨があります。
梅雨以外にももちろん雨は降ります。

雨と言えばバイクに欠かせないものは雨具です。

雨具を買ったは良いけど、ズボン側からすぐ雨がにじんできた!って方も多いはず。

すぐではないにしろ、最近、雨具着てたのに内側のスボンが濡れる。
って方もいらっしゃるのでは?

私もその中のひとりです。
でも、バイク用の雨具ってそんなに安くないし、捨てるほどの穴でもない…

もちろん補修用テープなんかを利用する手もあります。
が、私も探しているんですが雨具が売れなくなる為か?あまり店頭で見かけない気がするんですよね…。

ちょっと割高ですし。

そこでもっと手軽にできる応急処置がありますのでご紹介!

気軽にできる雨具(スボン)の染み込み対策

まずは穴を見つけよう

他人に見られるとちょっと恥ずかしいですが、スボンを頭から被って内側を真っ暗にすれば外の明かりですぐに穴が見つかります。

穴を塞ぐ

布テープ(ガムテープの布版)を内側から貼ればOKです!


こんな感じです。

雨具のスボンの造り的に股間のクロス部分の縫い目に穴が空きやすいように思えます。

そこの縫い目沿って布テープを貼ります

これだけで普通の雨は充分に防いでくれますよ。

念には念を入れて…

100円ショップで買える雨具をインナー代わりに使いましょう。

しかし、コレも股間部分が弱いので補強してあげましょう。

※何もしないまま内側に入れて走ったら一回で股間部分に穴が空いてました…

且つ、ムレも厳しいので半ズボン風にすそをカット。


これでOK!

さすがに先日のような豪雨では内側も少し濡れていましたが、あそこまで酷いとスボン穴からの雨なのかもよく分からない感じはします…(^_^;)