カンタン3行程で愛車をキレイにしよう!

メンテナンス,洗車

わたしはバイクを洗車する際、ほとんど水を使いません。
ほぼ100%舗装道を走るので、泥だらけになることもありません。

おそらくほとんどの方がそうだと思います。

そうなると、水をバシャバシャかけて洗う必要もないと考えています。
水をバシャバシャかけちゃダメな箇所もありますしね。
あえて、リスクを背負うこともないと思います。

ナカムラ流洗車方法

準備するもの

・ ぞうきん×3枚ほど

・ スキ間拭き
スキ間拭き
↑100円ショップに売ってるモノで充分です。

・ ワックスシート(フクピカなど)

・ シリコンスプレー

シリコングリスではありませんよ!
シリコンスプレーです。

・ ビニール手袋

・ メタルコンパウンド

・じょうろ

その他、割り箸・綿棒など。

手順

1. タンク、メッキ部分はワックスシートで拭きあげる
光沢を出したいので、シリコンスプレーではなくワックスが好ましいです。
特に気をつける事はないと思います。
泥とかこすると傷になりそうなモノが付いていた場合はじょうろで流しましょう。

2. 錆が付いていたらメタルコンパウンドで磨く
この作業は毎回ではないと思います。

3. フレーム、プラスチック部分、エンジン、マフラーなどをシリコンスプレーで拭きあげる
ほとんどの部分をカバーできる、シリコンスプレーは凄いです!
エンジンのフィン部分は“スキ間拭き”で拭きます。
エンジン

シリコンスプレーはゴム部分にも使えるため、タイヤのサイド部分も拭けます。
ただし拭く際は接地面にかからないように注意しましょう。

作業は以上です。

 

TW200E
水を使うこと無くピカピカになります!

磨くだけなら、1時間位で出来ると思います。

チョイチョイ磨いている方なら、2行程で済みそうですね。

 

洗車がおっくうだな〜って、思ってる方はぜひ試してみてください。
私もコレをはじめてチョイチョイバイクを磨くようになりました。