チェーンメンテナンスをしよう

チェーン,メンテナンス

バイクはキレイなだけではダメです!
チェーンのメンテナンスもバッチリやらないと、走行中に外れたりすると大変です。

チェーンメンテナンスをしよう

必要なもの

・チェーンクリーナー

・チェーンルブ(グリス)

ウエス(ぞうきん)×2〜3枚

・ダンボール箱

・レンチ19mm、22mm

手順

◆チェーンをキレイにしましょう!
わたしの場合、注油は500キロ毎
清掃は注油2回に1回くらいの割合でやってます。

1.まずはチェーンの汚れを落とす
チェーンクリーナーを使うと下にポタポタ垂れるのでダンボールを敷きましょう。
バイクにかかるのも嫌なので、ダンボールを折り曲げたりしてバイクもガードしましょう。
汚れが落ちたら乾くのを待ちます。(すぐ乾きます)

普段からメンテナンスしていればこの作業はあまり必要ないかもしれません。

私もよほど汚れが酷い時にしかやっていません。

2.グリスアップします
これこそ余計なところにかかると危ないこともあります。
スプレータイプのグリスならウエスなんかでチェーンを包むようにして掛けてあげるといいかと思います。
画像はキレイに見えませんね(^_^;)
チェーン

表面がチョット湿った感じ位で充分です。
つけすぎても飛び散るだけですからね。
余計な油は拭き取りましょう。

 

◆チェーンの張りを調整しましょう
これはバイクの調子を見ながらその都度やる必要があるかと思います。
目安は1000キロ毎位ですかね〜??
これは過信してはいけません。

 

1.リアタイヤのナットを緩める
チェーン側のボルトをおさえて、マフラー側のナットを緩めます。
ナットを回して緩めるのがセオリーですよ。
外れない程度に緩めましょう。

※使用工具はスパナよりもメガネレンチあたりがオススメです。

 

2.チェーンを張る
TWのチェーンはエキセントリック式といいましてダイヤルを合わせるだけのカンタン調整です。
ダイヤル
左右同じ位置になるように注意です!

位置が決まったら、ナットをなめないよう注意しつつしっかり締めましょう。

※チェーンの張りはナットを締めるとチョットはじめよりも張った感じになります。
まずは気持ち緩めに張ってナットを締めるといい感じになるかと思います。

 

チェーンの張りはどのくらいか?
遊びは
オンロードで20〜30mm
オフロードで30〜40mm

となっていますが、いちいち定規で測るのか??
まさかそんな面倒くさいことは…。

チェーン張り作業をやってると感覚でいい感じのところはわかると思います。
張り過ぎるとガチガチでこのままバイクに乗ったら…て考えると、恐いと思います。
ユルすぎると段差でスイングアームに当たっちゃうぜ?ダラ〜ンて感じです。
その間だと思います。
チェーンを上下に引っ張ってビヨンビヨンてなる位って所でしょうか?
チョット余裕があるくらいな感覚です。

もし、はじめてで不安があるなら、まずはショップに持って行ってチェーン調整したての張りを覚えておくと良いと思います。

チェーンの張りはショップに任せるのもいいかもしれません。

注油くらいは自分でできますよね!
注油してたら張りや不調にも気付けると思いますので、そしたらショップに持っていく。
というスタイルでも良いと思います。

自分のバイクに触れてバイクの調子に気付いてあげる。
それだけでもバイクとの絆は深まると思います。