【ジクサー150】ハンドルアップスペーサー取り付け時の配線を見直す

2021年11月9日01.GIXXER150,03.トラブルと対策,04.お役立ち情報,メンテナンス

以前、ハンドルアップスペーサーを付けたお話をしておりましたが、その際ずーっと気になっていた事がありました。

ハンドルを左右に切った時、アクセルワイヤーが少し突っ張った感じになります。

帰ってきて駐輪する際とか、ほんの少〜しアクセルを開けたような感じになっていたのがモヤモヤしていました。

 

ホントにほんの少しなんですよねー

ワイヤー交換するほどでもないんですよねー

ガイドから外そうかとも思いましたが、その必要もなさそうです。ワイヤーの通り道でどうにかできそうです!

 

アクセルワイヤーの配置を見直す

準備するもの

プラスドライバー のみ!

 

ワイヤーが通っている所を覗いてみると、ワイヤーが暴れないようにでしょうか?わざわざものすごく狭い所を通ってます。

なので、ワイヤーを広い余裕のある所を通るように配置し直します。

上画像の左矢印の狭い所を通っていたワイヤーを右矢印側の広い所を通せば余裕がでます。

キーシリンダー側から通っていたものをフォーク側から通すと言えば分かりやすいかな?

上画像は通し直した後です。右下のワイヤーがアクセルワイヤーです。かなり余裕が出ました。

 

ちなみにアクセルワイヤーは簡単に外れます。

ボックスの下側からワイヤーを固定している金具を外すネジ(矢印右側)とボックスを開けるためのネジ2箇所(矢印左側)を外せばワイヤーも外れます。

外したら広い方に通し直すだけです。

これでハンドルを切ってもワイヤーが突っ張らなくなりました!

 

ワイヤーを見てみると、アウターに物凄く擦れた跡がありました。…なんでわざわざここ通したんだろ??

ワイヤーにも無駄に負担がかかってたんじゃないかな?

これはスペーサー入れなくても通し直した方がいいんじゃないかなと思いました。