タペットカバーからオイルにじみ!

オイル,トラブルと対策,メンテナンス

こんにちは。

実は以前から気になっていたんですが、古いバイクあるあるかな?
と思って放置していたタペットカバーからのオイルにじみ…。

ここ最近、オイルが飛び散っていたのでコレはさすがにどうにかせねばなるまい…と
タペットカバーのシール交換を決意。

そろそろオイル交換と思っていたので、そのついでにタペットカバーのシールも交換します。

 

…そもそもシール付いてるのよね??
検索するも純正の品番がわからない…社外品でもいいから!と思っても見つからない…。

探しまくること数時間…。
とある方のブログのシール交換記事で品番がうっすら見えている画像を発見!
そうなんです。交換されている方はよく見かけるんですが、交換したものが何なのかよくわからないんですよね〜
良くも悪くも他の方の記事は参考になります。

コチラのブログに関しても、ご意見などありましたら遠慮なくコメントくださいませm(_ _)m

 

前置きが長くなってしまいましたが、なんだかんだ色々駆使してようやく品番をゲットしました!!
93210-57634 です!!
これで検索すれば色々出てくると思います。

ヤマハ純正 O-リング(15A) 93210-57634

シール
思ったとおり、扁平になってますね。
本来は丸いものです。

エンジン側
かなり汚れたいたのでキレイに拭き取りました。

フタ
フタ側もキレイにしないと意味ありませんからね〜
これでオイルにじみも止まるはずです!!

タペットカバーのシール交換だけなら大した作業ではありません。
誰でも簡単にできるハズです。
今回はエンジンの不調ってわけではありませんので、タペット調整はスルーします。
シックネスゲージも持ってませんしね(;´Д`)

オイル交換方法は以前の記事をどうぞ。
やってることはほとんど同じですww

オイル交換をしよう!

そして、今回のシール探しをしている最中、チョット面白い物を見つけたので取り付けてみました。
リフレクター
ボルトの頭部分がリフレクターになっているのです!!
ナンバープレート自体が上向き気味に付いているのでリフレクターとしての役割を果たしてくれるか甚だ疑問ではありますが、ネタとしてご容赦くださいませww

キジマ(Kijima) リフレクター M5ネジ付き 2個セット セイフティー 305-013